いらない装備より消防団の車両の入れ替えを急いで!

消防団
スポンサーリンク

みなさんこんにちはロレンツィオです。

消防団の消防車(積載車、ポンプ車)は入れ替え済んでいますか?

運転免許制度が目まぐるしく変わる中、現免許制で運転できる車両が減ってきています。

普通免許オートマ限定が当たり前になったことでマニュアル車が運転できなくなりました。

さらには中型免許ができ、今では準中型免許ができました。この準中型がネックなってしまっています。

何がネックかというと総重量3.5t未満の車両しか運転できないというところです。

総重量3.5t未満とは定員含め走行するときに車両の総重量が3.5t未満でなければないらいのです。

積載車は総重量3.5t未満ですがポンプ車両はそのほとんどが3.5t以上で準中型の免許制度ができたばかりなので対応している車両も殆どない無いため、運転ができなくなってきます。

分団数がおおく車両が多いところでは積載車両でもかまいませんが、うちの地域は山間部で分団数も少ないため、送水能力の高いポンプ車が必須になります。

現在の車両も20年以上使用しているマニュアル車でオートマ限定の消防団員は運転できないのが現状です。

特に豪雪地帯の山間部では冬季期間中は4WDのスタッドレスタイヤに4輪チェーンでないと走行できないため、車両も限定されてきてしまい頭の痛い問題を抱えています。

団員不足、資器材不足、資金不足の三重苦・・・

それだけではないですが毎年ひとつずつ問題が発生してきていてどうにもなりません。

行政のみなさんおねがいします。

コメント