2022年バイク価格が値下がり間近?いつまで高く売れるの?

趣味
スポンサーリンク

思い立ったが吉日で、2週間で大型自動二輪免許取得のロレンツォです!

一昨年ぐらいからバイクを買おうとネットやバイク店を歩き回り色々調べてますが、ヤバいくらい高いですね。

高止まり傾向が続いて一部の車種によっては2倍近くになってます。

想像以上に高すぎて買う気になれないでいる人に朗報かもしれません。

なぜなら、バイクの価格が値下がりを始めるかもしれないからです。

バイクがどうしても欲しくてしょうがないロレンツォは、去年の夏前ぐらいから人脈を駆使して値下がり動向を探っています。

貧乏人のロレンツォはお金はないですが、持ち金に反比例して人脈はかなりあるので、人脈を駆使して安く買うために奔走してます。

今年に入って中古相場や買取相場、全国のネット販売の在庫数をデータ化して動向を調べてくれてる友達から朗報が来ました。

これから値下がりが始まりそうだと…

値下がりが始まる根拠は以下の通りです。

1.高価買取りと、うたいまくって在庫が飽和してきている。

2.バイクの中古車が高騰し過ぎて手が出なくなってる。

3.半導体不足、コンテナ不足が解消される見込みが立ち始めてる。

4.ワクチンの3回目接種、クスリの投与が始まり、日常生活が戻り始める。

5.250cc以上のバイクの車検が迫ってきている。

6.流行に乗ってバイクを買った人達が飽きて来た。

ザックリ分けるとこんな感じです。

1.高価買取りと、うたいまくって在庫が飽和してきている。

全部の車種ではないですが、ロレンツォが欲しい車種や人気車種においては、在庫が飽和してきました。販売価格はまだまだ高値安定ですけどね。

ネット販売サイトで昨年から比べると10%〜15%ぐらい在庫数が徐々にですが増えてきています。

在庫数が増えてきている要因としては、買取り相場が高いだけではありません。

人気車種だからと粗利をごっそり乗せた新車より高い中古バイクを買う人が一定層いますが、そんな人達は絶対数が少ないので、買い終わった感が出てます。

バイク需要が高まった要因は大きく分けて二つです。

一つ目は通勤目的、二つ目は新たな趣味、三密回避のバイク通勤のためにプレミア価格のバイクを買う人ってごく稀ですよ。

しかも高騰しているのは車検が必要な250cc以上が大半です。

バイクで通勤することが可能な人が限られているし、年間の維持費、初期費用が定期代の何倍もかかるバイクに誰がそんなに払えますか?

二つ目の趣味でバイクを買おうとしてる人ですが、SNS等の影響もありこちらはまだまだ微増傾向にあります。

しかし、バイクを趣味に出来る人って限られてるんですよ。

ちょっと良いなぁって思ってバイクを買える既婚者ってどれだけいますか?

ちょっと良いなぁって思って50万や100万の買い物させてくれる家庭って私の周りにはいません。

ロレンツォの周りは、ど田舎のサラリーマン家庭がほとんど、子供にお金がかかる年代です。

奥様に「ちょっと流行ってて良いなって思うからバイク買っちゃった笑」なんて言った日には間違いなくヤられます。

一瞬で葬られます。

そうなると、どちらの目的の人でも高くても買える人は既に買い終わってると言えます。

バイクの買取り価格も巷で言われてるほど、田舎は高くないですし全国店舗でも頭打ちになってきてます。

ロレンツォの悪友達が売る気もないバイクの買取り査定をそこらじゅうでしてもらって来てくれました。

同じバイクを人を変え場所を変えて複数店回って誰が1番高く値段をつけられるか勝負で調査。

負けた1人が飲み代を支払うデスマッチ、みんな本気の売り込みで動画で撮ってSNSにアップすれば結構再生回数取れたと思う程でした。

友達5人とロレンツォで、バイク7台を半年掛けて査定してもらいました。

結果としてはネットの買取り相場の7〜8割が平均値です。

そのうちの1台は高値がついたので本当に売却。

査定してもらったバイクは年式も状態も平均値以上ですが、全国規模の買取り業者以外はかなり査定額が低かったです。

その理由としては、それなりの地方都市以上でもない限り、買い渋りがもう始まっていて、なかなか売れなくなってきている。

ロレンツォの悪友の1人が行きつけの県内に複数店あるバイク屋の店長と話したところ、バイク需要の高まりに乗り、勢いで仕入れた人気車種も今年に入って売れにくい状況で、レブル、SR、CB系など結構な球数を高く仕入れたが売れなくなっているそうです。

去年の秋口までは、頻繁に問い合わせがあったが、今年に入ってから問い合わせ自体が去年の半分ぐらいになってるとの事。

見に来てもなかなか成約には繋がらないし、同価格帯だとどうしても大都市店舗に負けてしまうそうです。

高価格帯のバイクは近場のお客さんは、まず買っていかないで、近隣県や大都市の方がほとんど、納車費用がかかるので安くできないそうです。

下取り車両や地元の人なら多少は割引できるが、今の在庫車両がはけないことには新たに仕入れることもできない悪循環...

業者オークションもまだまだ安くはないので、待ったほうがいいですね。

夏以降はバイクの価格も下がり始めるので、秋から来年以降であれば一部のバイク以外は少しずつ値下がりが始まるはずです。

 

 

 

 

 

コメント